2011年03月30日

【メモ】

どんどん忘れてく、そのときどきに、思ったこと。
今日はいつもに増して、思うまま適当に書きます。

おとといのNHK7時のニュースの緊迫感が妙に印象深い。
危険です、という言葉を何度も口にしていた、水野解説員。
みんなをパニックにせずに、でも危険性はなんとか伝えようと、
ぎりぎりの狭間で発言してるように見えた。

私の置き場はへんな場所になってしまった。
住んでるのは千葉だから、最悪のことが起こっても
まだなんとか…と思うけど、
親戚がやたら福島だから、福島のことばかり考えてしまう。
このまま溶融が続いて、どうなってしまうのか。

子供の頃、毎年夏休みになると遊びに行った、福島県の母の実家。
戦争中に、父が疎開したのも、福島県の母方の実家。
守ってくれた場所なのに、東京圏に住む私らが、
福島にひどいことをしてしまった。
と思えてしまって、うっすらと発狂しそうになる。

主に悪いのは、東電。
だけど、その電力一社独占状態(ゆえに正しい報道が行われず
この道筋にいたったと考える)を、ぼやーと見過ごして来た私ら、
日本人全員にも、責任はある。
まあその点については福島に住む人も同じだけど…
しかし、釣り合わなさすぎる、この被害状況。

この馬鹿げたものを次世代に残しては、死ぬに死ねん。
これからはほんとに合理的な(将来まで見据えたという意味で)
クリーンエネルギーをがんがん開発活用されたい。

が、その話に行く前に、いま危険な状態にある福島の人たちから
頭が離れない。
いま「自主避難」とか言って、退避指示をださないのは、
また人災になるんじゃないかと思うから。

お節介なのはわかってる、逃げろと外部から言われることが
現地の人にとってすごく不快なのもわかってる、
それでも言わずにおれない、あとでこの人たちに
健康被害が出て来たとき、黙ってたことを後悔したくないから。
それが自己満足だってことも、わかってる。
たぶん孫さんも。彼の声をReTweetした人たちも。

危ないって思ってても、土地を離れるなんて決断は、
なかなかできるものじゃない。郷土愛の強い人たちだ。
出ろって言われなきゃ、出れない人は多いはず。
それを、本人の意思に任せるようなやり方をするんじゃ
やっぱりだめだと思う。


話がまたちょっと戻るけど、原発事故後何日か経っても、
大丈夫大丈夫というような報道ばかりだったので
かえって恐ろしかった。
そんなとき、NHKのニュースに出た山崎さんが、
危ない可能性をはっきり言及してくれたとき、
ほんとうにほっとした。
以来、山崎さんとか水野さんとか、NHKの科学文化部の
解説員を見ると、わりと自動的に安心してしまう。
たぶんほとんどの人は、エダノにそれを感じたんだろうな。

まだまだ書きたいことはあったんだけど、眠すぎて忘れた。
今日は終わり。


・・・
posted by set-miss at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク