2013年02月26日

「よりも」でほかを蹴落とすやり方は、いただけない

アクセス解析をみてて思い出したけど、野田聖子さんの「中絶禁止」発言については、
3年前に一度書いていたのでした。
聖子ちゃんが「中絶の厳格化」を言ったのをかばってみる

今回騒ぎになった発言(佐賀県での)については、大もとを確認できなかったので、
なんともなのだけど… やっぱり「中絶禁止」は、かばえませんですな。

ただし、再度書くけど「自分じゃ育てられないけれど、育てたい人のもとに子どもを」
という仕組みをととのえることには、賛成だ。
映画「JUNO」をみたとき、こんなふうに、子どもを手放すことに罪悪感をもたずに
済む社会になれば、いちばんいいのにな、と思った。
産んだ女の子も、子どもをもらった女性も、ハッピーになった。

そこだけでいいのにね。そこにどうして「中絶禁止」がついちゃうのか。

何がなんでも産んだ野田聖子さん、そこは、わたしはいいと思ってる。
でも、非難する人も多いのだろう。
そのときに、「中絶した人“よりも”、産んだわたしのほうが、いいでしょう?」
というアピールで、自分の身を守ろうとしているようにみえる。
それはナシですよ、と思う。

産みたい人が安心して産めるようにすること「も」、
中絶したい人が中絶できるようにすること「も」、どちらも必要なわけで。
「よりも」でほかを蹴落とすやり方は、いただけない。

でもまぁ、自民党という組織のなかで、それをやろうとすると、
こうならざるを得ないのかな、とか思ってしまったりもするのだけれど…
どうもわたしは野田聖子さんを信じたい様子なのであった。(甘いのか)

『オトナ婚です、わたしたち』
中絶の問題まではふれていないのですが、
子どもを産みたくない、という人の声も、とりあげています。

WS000005.JPGIMG_8186_.jpg

・・・
今日も宣伝しましたぞ…(´-`)
posted by set-miss at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 女の生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク