2013年03月03日

ダンナの前の奥さんのもとにいる子どもの気持ちを心配する祝さんの話(オトわた)

Amazonに「子どもの気持ち考えてないんじゃねぇの?」的なレビューがついたのですが、
これたぶん、まだ本を読んでない人が書いてる。
みんな言うまでもないくらい、子どものことを考えているの、読めばわかるもの。

とくにわたしが大好きなエピソードは、つがい3・おめでた事実婚の祝さん。
彼女のダンナさんには、別れた奥さんのもとに、もうひとり子ども(長男)がいる。
彼女は彼とのあいだに子どもができたとき、
彼の長男が「お父さんをとられた」と思って傷つくんじゃないかと心配したそうだが、
その子は弟ができたと聞いて「宝くじが当たったみたいにうれしい!」と大喜びしたので、
祝さんはものすごく、ほっとしたそうだ。

あともうひとつ、これは本には書かなかった話。
祝さんは自分の息子に名前をつけるとき、
長男(彼と前の奥さんとの間にできた子ども)の名前から、一字もらったのだそうだ。
あれほどまでに名前を重視する祝さんが、ですよ!?
(読んだ方にはわかると思うのですが〜)
それって、なかなかできることじゃないだろう。

そんなきょうだいなので、お母さんは違うし、べつべつに暮らしているけれども、
とても仲がいいのだという。
祝さんと、彼の前の奥さんの、人柄だろうな、と思う。

この話を祝さんから聞いたとき、思い出したのは、
以前つくった『離婚家庭の子どもの気持ち』に出てきた話。

ある男性が子どものころ、別れたお父さんの家に遊びに行ったところ、
玄関口に父親の新しいオクさんが現れた。
彼女は自分の子どもたちに彼のことを「親せきのお兄ちゃんだよ」と紹介したそうだ。
それを聞いて彼は「消えてしまいたいような気持ちになった」という。
(このケースの取材&文は、ライター・岩谷美佐さん)

祝さんの話を聞いたとき、わたしちょっと泣いた。うれしくて。

『オトナ婚です、わたしたち』
昨日(3月2日)の朝日新聞朝刊に、サンヤツ広告が掲載されました!
今回は「離婚・再婚」の人にターゲット絞ってます(初婚の人にもおすすめですが!)。
BEVe35FCAAEgktz.jpg


・・・
あ、楓さんの話(前のオクさんがひどいケース)も、今度書かせてもらおう…!!
posted by set-miss at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 女の生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク