2013年03月13日

「生きるという戦いのパートナー」

いまさらな話ではありますが。
2年前の震災で結婚が増えたって一時期言われてたけど、
どうしてそんな噂が流れたか、わかったのでメモ。


 4月半ば以降に入ってから、「震災婚」を現象としてとらえた報道が増えた。
 裏づけの数字は「婚約・結婚指輪が売れている」ことと、
「結婚情報サービスの資料請求や入会の増加」だった。
 (『震災婚』まえがきより)


なるほど。指輪が売れたっていうのは、
「新宿高島屋の婚約指輪売り上げが4月1日〜19日で前年比4倍」
ということだそうだけど、それってたぶん、
3月中の自粛ムードで買い控えてた人たちが、4月に入って一斉に買っただけだよね…。

でも「結婚情報サービスの資料請求や入会の増加」ってのは、本当だろう。
だからつまり、結婚が増えたわけじゃなくて
「婚活の動きが活発化した」ってことだったんだろうね。

2年前のいまごろ、震災の日々、わたしもほんとに怖かった。恋人いても。
「支えあえる人がほしい」って思う人が増えたのは、当然だと思う。
だからって、相手選びをそこそこに手を打つ人が増えなくてよかったよ。
吊り橋効果じゃ、長続きしないもの…。

『オトナ婚です、わたしたち』
結婚って、フウフ・つがいって、なんでしょう?という問うたところ…
つがい5・女×女婚の小野さん
「生きていくっていう大変なことを、味方になってやっていけるような関係」
つがい6・役割逆転婚の森澤さんは、
「生きるっていう、戦いのパートナー」と、答えてくれました。
おふたりとも、震災前、2010年末に取材。
震災後、おふたりの言葉が、すごく身に沁みた。

IMG_8186_2.jpg
・・・
積ん読片づけ中。まだまだ山のようにある。
posted by set-miss at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 女の生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク