2013年03月14日

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』におけるツレちゃんの存在

先月末発売、歌川たいじさんのコミックエッセイ『母さんがどんなに僕を嫌いでも』。
おかげさまで初版増刷、一時はAmazon全体で8位に食い込みました。すごひ…
外部編集者として、執筆依頼から編集DTPまで、もろもろかかわらせていただきました。
今日はね、この本にあやかって、自分の本の宣伝につなげますよ、ほんとすみません。

わたしが初めて歌川さんのことを知ったのも、
じつは『オトナ婚です、わたしたち』がきっかけでした。
中村うさぎさんのことを調べているうちに、
歌川さんのブログ「ゲイです、ほぼ夫婦です」にたどりついた(という記憶です)。

このブログで、すごく印象に残ったお話がありました。
歌川さんのお母さん(シングル母)が当時付き合ってた男性の
連れ子ちゃんについて描いた、じゃっかんステップファミリー的なエピソードです。
「タカラヅカ」
これを読んで、いつか歌川さんに、
「(離婚・再婚家庭の)子どもの気持ちを書いてほしいな」と思ったのでした。

それから約2年。ちょうどいい版元さんとつながることができたので、
「お母さんのことを描いてほしいんです」と、今回の本の執筆をお願いすることに。
でもそのときは、こんなにすごいお話になるとは、想像してませんでした、正直…。

歌川さんあまりご自分でおっしゃらないので、さらっと書いておきますが、
ほんとうに、身を切り刻んで描いてくださった。
胃をやられて、病院に駆け込むことも何度かあったようです。
「あぁ、とんだお願いをしてしまった…」と思うも、すでに走り出したフネ。

今回の本、ツレちゃん(相方さん)はあまり登場していないですが、
でもわたしはこの本に、すごくツレちゃんの存在を感じるのです。
なんでかなー?と考えたら、たぶん、
「歌川さんの横にツレちゃんがいてくれて、ほんとうによかった…」
とずっと思いながら本つくってたからかも、とさっき気づきました。

もし歌川さんひとりでこの本に取り組まれてたら、辛すぎて、
いまごろ入院されてたんじゃないかと思うので…;


ちと話が戻りますが、この本では主にお母さんと歌川さんの関係を描いているので、
「タカラヅカ」のようなステップファミリー的エピソードはでてこないものの、
「自分で何かを選択する」ということが許されない「子ども」という存在のせつなさが、
これでもかと伝わってくる本です。


・・・
『オトわた』と話をつなげたかったんですが力尽きました。最後に画像だけ…´д`
IMG_8186_2.jpg
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク