2013年03月18日

育児中に恋愛バカの状態を避けるために結婚がある説

「なんで多くの人間社会は、一妻多夫や一夫多妻、多妻多夫(乱婚)でなく、
 一夫一婦制を採用してるのか(つがうのか)」って話、よく聞きますね。

たとえば『夫婦格差社会』で挙げてたのは、以下の3つ。
・父親を特定しやすいから
・性の乱れを防ぐ目的(倫理的に)
・弱者保護のため(あぶれる人が出ないようにする)

安定して子育てするため、ってのもよく聞くとこでしょうか。

これと近いけど、最近思うのは。
「子どもがちっちゃいあいだ、親が恋愛バカになるのを避けるため」。

前にも書きましたが、わたし恋人と付き合い始めたばかりのころ、
地震が来たとき、とっさに、子どもより彼のことを思った。(あとで落ち込んだが)
これって、子どもにとって、すごい危険な状態だよね。

そんなのひどい親だ、許せん。
とかそういう話でなく、恋愛ってそういうものなんでしょうおそらく。
やっぱり付き合い始めのころはとくに、幼子に向かうべき関心や情熱が、
恋人のほう向いちゃったもん、わたしも。
べつに母親に限らず、父親も同様だろう。

そういう状態を避けるために、一夫一婦制とか、結婚があるのかもね。
とくに子どもが小さい間、親が恋愛初期のバカ状態になるのを避けるために。
ある程度長くつがった相手なら、そこそこ飽きも来てるから、そうバカにはなれない。
そこそこ冷静な脳みその大人がふたりくらい、子どもに関心をむけられるように。
子どものため、親に恋愛させないために、結婚があるのかもね説。

でも、独身だったら、子ども小さくたって恋愛するけどね。
大人ひとりで子ども育てるのは経済的にも精神的にもきびしいことで、
それは子どもにとってのリスクでもあるから、
再婚トライするのは、子どものためでもある。

それでも、恋愛初期に子どもが危険な状態になる可能性があることは、
ちょっと頭においておけるといいのかもだね。

※恋愛でどの程度バカになるかは人によって差もあると思います(´-`;)


『オトナ婚です、わたしたち』
事実婚のNさん。
「もし籍を入れたら、ほかの人を好きにならないですむんじゃないか」
と思うことがある、と言っていた。
そういう発想もあるのか〜…!と新鮮だった。
貞操の義務って、基本的に、結婚のデメリットとして語られるじゃないですか。
それを、メリットして認識するとは。
今日の話は、これともちょっと近いのか。

★新川明日菜さんが「オトわた」感想をブログに書いてくれました!^o^
 →こちら


・・・
こないだ友人ら(Nさん含む)に話したらウケがよかったので書いてみたものの
まだあんまり整理されてないですねこの話すみません。
posted by set-miss at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク