2013年03月23日

子ナシの離婚率のほうが高くても離婚全体では子アリのほうが多くなる

『最高の離婚』最終回、評判どおり、すごくよかった。気に入った。
しかしあれだ。やっぱり子どもがいないフウフの話だから、見やすかったよね。
これが子どもがいるフウフだったら、一気に重い話になったろう。

なんてことを思いつつ、『夫婦格差社会』を読んでいたら、こんなくだりがあった。
「子どもがいる夫婦は子どもがいない夫婦よりも離婚確率は低く示されている」。
ま、そりゃそうだろうな。

でも、あれ?
毎年約25万組のフウフが離婚する、うち6割に、未成年の子どもがいるんだったはず。
だからえーと、子どもがいるほうが、離婚多いはずでないの?

しばし考える。あ、そうか。
もともと、子どもがいない夫婦よりも子どもがいる夫婦のほうが、断然多いということか。

たとえば。
10組の夫婦がいるうち、7組が子アリ、3組が子ナシとする。
もし子アリ7組中、半分弱の3組が離婚、
子ナシ3組中、7割弱の2組が離婚したとしても、
離婚した5組中、半分以上(3組)が子アリ離婚、ということになるもんね。

はいはい、勝手に納得。


・・・
ちなみに『オトナ婚です、わたしたち』は、10人中9人が子アリの方。
んで、10人中5人が、ステップファミリーだったりもします。
posted by set-miss at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク