2013年06月11日

「がんばらない」方法がてんこ盛り!/新川てるえ『ひとりで子育てしようと思ったら読む本』

『子連れ離婚を考えたときに読む本』以来、
編集者として何度もお仕事ごいっしょしてきた、新川てるえさんのご本。
今回はわたしはかかわってないので、イチ読者としての感想です〜。

新川てるえ『ひとりで子育てしようと思ったら読む本』イースト・プレス

正直いうと「育児書」的な本はわりと苦手で、あまり読まない。
世間には数多くの「育児はこうせねばならん」的なプレッシャーがあふれてるので、
「もういいです〜」と思ってしまうのだ。

でも、この本は押し付けがましくないから、平気だった、
どころか、ラクになれた!

「がんばれ、がんばれ」ではなくて、いかにうまいこと手を抜くか、
そのための気のもちようや、まわりを頼ったり活用したりする、
「がんばらない」ための方法が、たっぷり書かれている。
と同時に、「これだけは子どもにしちゃダメ」というNGポイントも、
しっかりおさえてある。

ハンパない数のひとり親&その子育てを見てきた
「新川さんならでは」の、無駄なく有効な情報がてんこ盛りだ。


しかしこれ…、シングル親だけじゃなく、
世の働く親全般(とくに母)に役立つ情報も、すごく多い。とくに本の後半。
なるほどね〜、思いつかなかった!という話が、たくさん載っている。

新川さん自身にせよ、コメントを寄せているひとり親たちにせよ、
家事育児をパートナーと分担するという選択肢がないぶん、
「より徹底して効率化をおしすすめる」ところがあるのかもね。

あとは、最初にも書いたけど、育児って「こうすべき、ああすべき」が多いけど、
もしかしたらその点、ひとり親のほうが、
「だってひとり親だもん(´-`)」的な開き直りをしやすいとこも、あるのかも。

それって、世の働く親(とくに母)みんなに、必要なことだろう。
みんな「ああすべき、こうすべき」に、えらくしばられてるから。
みんな、この本を読むがいいよ。


でもその一方、というかウラオモテの話で、
ひとり親は、なにか子どもの問題行動が起きたときなど、
「これって、ひとり親だから?」と思いやすいところもあるんだけど、
この本には、そういうこともちゃんと、書かれている。
意外と、どこの家でもあることだったりする。

「これから、ひとり親育児を始めよう」という人は、
一度目を通しておくと、その先長ーく効いてくる本だと思う。

わたしも、これまで長く新川さんとかかわってきたことで、
「ベースとして効いてる」ところがあると思うんだけど、
そういうところは、もはや客観的にはみれないんだよな。。
うまく書けなくてすみませんー。


・・・
この記事へのコメント
素敵な感想をありがとう。
嬉しいです。
Posted by 新川てるえ at 2013年06月12日 12:07
書かせてイタダキマシター
では金曜に^^
Posted by set-miss at 2013年06月12日 13:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク