2012年03月26日

取り繕うように、恋人がいても子どもが最優先の話

取り繕うけど、去年のあの地震のときには、もう圧倒的に間違いなく、
子どものことしか考えなかった。

揺れはじめてまず子どものことを考え、
次に子どもを迎えにいける立場であるうちの親のこと、
恋人を思い出したのは、あの長い揺れがおさまりかけたころだった。

そんでそれは先方も同じだったろう、まずは自分の子どもら、実家の親のこと。
メールもくんなかったし、次の日電話が復旧してもかけてきやがらなかった。

付き合い始めのころ、
「地震のとき、とっさに子どもより彼のことを思った自分に気付いて落ち込んだ」
などとブログを書いたけれど、そういうのはいっときだわな。

いっしょに住んでないってのは、生活基盤をともにしてないってのは、
こういうことなんだわな。

まあ、そういうことで、とんとんですよ。


・・・

ミもフタもなく、恋人がいると子ども最優先じゃなくなる話

これは後ろめたいことだからちゃんと書いておこうと思うんだが、
恋人がいないときのほうが、子どもをだいじにできたと思う。

去年の12月、週末はなんだかやたらと子どもにサービスしてたなと
思い出したというか気がついた。
電車乗って、子どもの城だのなんだの、遊ぶ施設によく出かけてた。
なんでだろう?と思い返したわけだ。

近所に不登校の子がいたので、うちのといっしょに面倒みてたとか、
花粉もまだとんでなくて体調がよかったとか、いくつか理由はあるんだけど、
ああ、ちがうちがう。別れてたからだ。

いまもそうだけど、付き合ってる人がいると、
私の休日はデートの日(だいたい平日)になるのだ。
土日祝は、子どもの相手をする日であって、休日じゃないの、私のなかでは。

それが、あのときは、一致してた。
土日祝=子どもが休みの日=私の休日。
あそぼやないか!と思って、なんかやたらと出かけてたんだと思う。

べつに反省して悔い改めるってまではいかないけどね、
悪いね、とは思うので、
もうちょっと土日祝は、子どもサービスせねばと思うのだった。

花粉がもうちょっとおさまったらね…


・・・
花粉もあるんだけどね…(しつこい)
今回5分で書いた。

2011年12月05日

理想的な育児パートナーあらわる?の巻

たとえばだ。うちの小僧が、彼とゲームして負けたとき。
子ども「おれ、いまチョー弱気でたたかったから」などと言い訳をする。
そういうとき、私ならガミガミ叱ってしまうが(この手の言い訳ホント嫌い)、
彼は「おれ、いまチョー本気でたたかっちゃった!」などと言ってくれる。
うちのも、機嫌が直ってしまう。

別のとき。私が小僧にガミガミと小言をまくしたててると、
横から彼が「○○(名前)〜、おまえはなぁ〜」と、のんびりした口調でフォロー。
ガミガミ言っても意味がないよね、私もわかってるのだが。

またあるとき。うちのが、夕方遊びつかれて、機嫌が悪くなってきた。
すっとDSを取り出し、子どものとこに持っていく彼。
しばらくすると「○○くんは、元気になりました」などと言って、
DSを元の場所にしまい、再び遊びにおいきになる。

うちの小僧の扱いをここまで心得た人、見たことない。私よりずっとうまい。
こういう人と子育てできたらよかったのにねー。
でもじつはこの彼、うちのお子と同い年。小学二年生。

こんな子なら、誰とでもうまく遊べそうだけど、
いまはうちの小僧と遊ぶのが、彼にとっても、いちばん気楽らしい。
たまたま、相性がいいんだろうね。

たまにこういう相手(子どもとの相性がいい)と再つがう人もいるんだろうけど、
そういう人が、ほかの部分も自分の好みと合致するとは限らんからね。
ここに基準もってきたら、一生相手は見つかるまいて…自分の場合。


・・・
スポンサードリンク