2011年11月30日

子どもがいたことは関係ないが、関係ないわけがない

 今回、子連れ恋愛であったことはどう影響してたか。
 関係なかったけど、関係ないわけない。もちろんお互いに制約はたくさんあった。

 土日デートは、私は子連れになりがちだし、向こうは休日のほうが
仕事が入りやすいというのもあり、ここ1年くらい会わなくなってた。
 夜もお互い出にくかった。私のほうは、たまにならばーちゃんに預けられるから
多少マシだったけど、向こうのほうが難しかった。猫のせいもあったか。
 だからきほん、デートは平日日中、時間が合うとき。

 いっしょに住む選択も、ほぼなかった。
 私は子どもとばーちゃんを離したくなかったし、向こうも家に子どもらがいて、
そこに入ってく気は、私は皆無だった。

 だけど、子どものせいでダメになったわけではない。
 お互い子がいることは前提条件、完全に自分の一部。
 それで付き合ってきたわけだから、それとこれとは、関係ない。

 でも、会えなくなってたことが最大の原因だとすると、関係ないわけないだろ。
 と気付いた。それくらい、かやの外においてた。


・・・
最近向こうが子どもらのことでえらい悩んでた、という原因も入れたら
もっと大きいけど、それはまたちょっと置いとく。

2011年06月06日

生きるって結構大変だから、協力体制としてのつがい

最近、思うこと。

きょうだいも、いとこも、一人もいない、私の子ども。
相手が男でも女でも関係が愛情でも友情でもなんでもいい、
支えあって、信頼し合って、生きていける相手をみつけてくれるといいな。
そしたら私、安心して死ねそう。

生きるって、けっこう大変だ。
他人との協力体制があったほうがいい。
経済的にも、生活的にも、精神的にも。

前は、子ども(子孫)を残してほしい、って思ってたけど、
それは、思わなくなった。(子どもが男だというのもあり)
おまえが、自分の人生を、乗り切ってくれればいい。
もしくは、つがわなくても、なんとか乗り切れる力を身につけてくれろ。


・・・

2011年05月31日

残ったのは夫役願望のみ、それだけで呼ぶほどじゃない

今年の運動会、彼には声をかけなかった。なんでか。

一番は、彼に子どもの父親役を求めるのは悪いと思うようになったこと、
そんで子どももそれを求めていないとはっきりわかったこと、
そのへんかね。

じっさい、私自身は同伴の「夫役」がほしかったよ。わはー、正直。
でもそれだけで呼ぶほどじゃない。

このブログを「運動会」で検索して、たどってみた。

2007
 元夫を呼んだが仕事でドタキャンされる。
 「運動会のつれあいリニューアル願望」高まる。
2008
 元夫出席。遅刻されてむかつくも、子どもの手前、怒りを抑える。
 面会交流の意外な効用を知る。
2009
 保育園最後の運動会。
 つれあいリニューアルで彼を呼びたかったが控えた。
2010
 念願のつれあいリニューアル。彼を呼んでみた。
 しかし子ども特に喜ばず自己満足を自覚。
2011
 ばーちゃんと観戦予定。たのしみ。

やっとまともか…。


・・・・・
いちおう子どもにも聞いたけどね、おとうちゃん呼ぶ? べつにいいって。
私が何でもいいぞと思ってたように、子どもも何でもよかったのだろう。
スポンサードリンク